タブーに注意

女性人様のめでたいときに贈り物をするのですから、タブーを犯さないようにも気をつけたいものです。せっかくの贈り物を台無しにしかねないタブーにはどんなものがあるのでしょうか。まず非常に基本的なことですが相手方の社名や氏名を間違えないようにするということが大切です。これはよく確認しないと意外にやってしまいがちな間違えです。前株や後ろ株の間違いというのはありがちですし、漢字が旧漢字を使用している場合なども注意が必要です。特に取引先などの社名で、正式名称で普段呼んでいるわけではない場合などは改めて正式な名前を確認しておきましょう。

物の性質上開業祝いとしては失礼にあたってしまうこともあります。お店の開業のときなどは気を利かせて実用的なスリッパやマットなどを贈ることを考える人もいるかもしれませんが、こうしたものは「踏みつけるもの」ということで特に目上の人に贈るのは失礼とされています。また赤字や火事を連想させてしまうライターやキャンドル、赤い色のアイテムは避けた方が無難でしょう。あまりこうしたことを気にしない人も世の中にはいますが、相手が気にする気にしない以前に社会人として贈り物をするときのマナーとして覚えておきましょう。

次の頁→胡蝶蘭のすすめ